SEO対策

コンテンツ量と内容の充実こそseo対策の第一歩

男性とパソコン

サイトのseo対策の基礎として、コンテンツの量に合わせて品質はとても重要です。大手検索サイトは専門性の高い内容を求めるという傾向が年々強くなっており、実際に検索上位のサイトは独自の切り口から深く掘り下げられた内容が多いです。
そしてコンテンツの量、具体的に文字数に関しても上位表示には有利だと言われております。例えば300文字程度でまとめられた文章のコンテンツよりも、1000文字以上のコンテンツ方が品質が高いと判断され、さらに4000文字程度の文章であればよりその評価は高くなるという傾向があります。
しかし、ただコンテンツ量が多いというだけでは現在のseo対策としては不完全であります。大事なのはその品質であり、ユーザーが検索した際に問題を解決して新しい情報を得られる。そして専門的な知識を得ることが出来るといったコンテンツは上位表示されやすいのです。
実際に1000文字程度のコンテンツで検索ランク15位くらいで推移していたサイトが、3000文字以上にコンテンツの追加修正を実施したところ、検索ランクはトップ10に入ったという例もあります。
このようなseo対策を実施するならば、個人で行うよりは専門のseo対策会社へ依頼するというのが最も効率よくアクセスアップへと導くことが出来ます。検討してみてはいかがでしょうか?

イチオシ記事